テンプレートをストークに変更してみた。使い勝手やデザインはどうか

表題を見て普通の人は何のことだか分からないと思います。

でも分かる人には興味があることかもしれませんね。

もし貴方がWordPressの設定に手こずっているのなら、これを読めば参考になると思います。

ブログのデザインを決める大事な要素

ブログをWordPressで始める場合、最初にテンプレートをどれにするか決めなければ始まりませんね。

このテンプレートでブログのデザイン性、趣向などが決まってきます。

WordPressにはディフォルトで無料のテンプレートが多数提供されていますが、その多くは外国製なので自分に合ったカスタマイズを施すのが初心者にはハードルが高い作業です。

肝心のブログを書くという目的とは外れてしまい、カスタマイズに時間をとられて最後には投げ出してブログそのものを断念してしまうことにもなりかねません。

これまで使ったテンプレート達

国産で有名なStingerなどいくつものテンプレートを試してきましたが、その中で一番使いやすかったのが直前まで使っていたSimplicityというテンプレートです。

このテンプレートは超有名なので、疑問やカスタマイズに行き詰ったらネットで検索すればなにかしらのヒントが得られるのが強みですし、なによりも作者の方のたゆまぬ改良頻度がすごくて、本当にこれ・・無料で良いの?と心配するぐらいだったんです。

そんなSimplicityを何故捨てようと思ったのか

まぁ~飽きたんですね。(*´∨`*)

2年使ってきましたが、いかんせん自分にはデザインのセンスのかけらも無い。

いくらカスタマイズしてもブログデザインが一世代前の印象なんですね。

そしてブログを書くモチベーションが下がってきているので気分を変えたかったのが今回のテンプレート変更となった訳です。

ストーク(STORK)という有料テンプレートに変えた理由

Simplicityは無料だったのですが、今回導入したストークは有料で10,800円もします。

導入には悩みました・・でも一日で決心しました。

一番悩んだ事は、ストークは一つのサイトにしか使えないという事。

サイトを複数持っているとそれぞれに1,0800円かかるという事なんですね。

貧乏性の私はこれで悩みました。

アフィリエイーターに絶大な人気がある賢威というテンプレートは、ストークよりも高くて24,800円なんですが、

これは一つ買えば幾つものサイトで使い回しできるんですよね。

でも賢威は使っている人も多くて、同じようなデザインが溢れかえっているのがイヤだったんです。

決断させたのはこのももねいろさんのブログが素敵だったんですね。

ももねいろ

アフィリエイーターとしても有名な女性ですがハミングバードというテンプレートを使用されています。

ハミングバードを販売しているオープンケージというところが出しているのがストーク(コウノトリ)というテンプレートなんです。

この会社で販売しているテンプレートは3種類

アルバトロス⇒ハミングバード⇒ストーク

古い順からこうなっていてストークが最新版になります。

アルバトロスとハミングバードは共に7.980円、ストークが10,800円

いまさらアルバトロスを選ぶ理由は見当たらず、ハミングバードとストークで比較

比較しても正直よくは分からなかったが、スマホデザインが綺麗でスマホ用のメニューも簡単に作成できるし、

最新版を買っておけば後悔はしないだろうということでストークにした次第です。

ストーク(STORK)にして何が変わった?

Simplicityからストークにしてまだ2日しか経っていません。

やった作業としては導入してテンプレートの切り替えを行ったぐらい、あとメニューの設定をしたぐらい。

デザインがこれぐらい変わりました。

Simplicityデザイン

ストークデザイン

上はPCでの表示ですがスマホでの表示はどう変わったのかと言いますと

左がSimplicityのモバイル表示

右がストークのモバイル表示
あきらかにストークでのモバイル表示は見やすく、メニューも正確に表示されていますね。

これだけでもテンプレートを買って良かったのかなと思います。

だって日々のアクセスは完全にスマホのほうが上回ってきていますのでね。

充実した機能

ストークには痒いところに手がとどくような気配りがされています。

1.ショートコードが便利

無料のテンプレートでは装備されていないものにこのショートコードがあります。

シリウスなどはショートコードがあるのでページ作成が早く綺麗に出来ますが、WordPressは枠を作ったりマーカーをつけたりするだけでもCSSをいじらないと出来なかったりしますので面倒でした。

ストークではある程度のショートコードが最初から装備されています。

例えば

aside type=”warning”というコードで文章をくくってやると

 

こうなります。

注意:これは賞味期限が切れています。

食べたらダメですよ。

こんなボタンもショートコードで楽々つくれちゃいます。(*´∨`*)

コメントもフェイスブック風に

名前
今日の昼食は安くて美味しくて大満足したよ

LINE風に

名前
今日はどこで待ち合わせする?

画像もいれることができます。

書き出せばキリがないぐらいに使えるショートコードが付属されています。

ここが残念ストーク(STORK)

これだけショートコードが充実しているのに、何故か蛍光ペンだけはありません。

文章に変化をつけたり、伝えたい重要な事柄を目立たせるために蛍光ペンは便利なのですが、これがついていませんでした。

スタイルシートに追加で記述してやれば機能としては追加できますが初心者ではやらないほうがいいのかもしれません。

ブログカードが何故か大きい

はてなブログなどで見かけるブログカードは読む方にとっても便利なものですが、ストークではこれの表示が大きすぎるのでそのままでは使いにくい。

小さく表示するには一手間掛ける必要があります。

この点Simplicityは無料ながらURLを記述するだけでブログカード表示が出来て便利でした。

ブログカードとはこんな感じのものです。

台湾旅行 深夜の両替は空港でしないとこんなに損!日本・桃園・町中のレートを比較 為替掲示板の見方も

2018.08.02

欠点も少しありますがストークを購入してとりあえずは満足しています。

初心者、いえ中級者でもこれぐらいのデザインをつくりあげるには相当な時間を要すると思いますが、ストークでわずか1日でこのデザインになるのなら1万円は安いかもしれません。

迷っている人は、これで時間を買って空いた時間で作業をしたほうがブログ作業の効率化になると思いますよ。