外資系ホテル予約サイト比較

ホテルを予約する時はどこのサイトを選んでいますすか?

どこも同じように見えて差別化の為に様々な特典や特長があります。

宿泊先を予約するサイトは大きく分けると、外資系と国内系に別れます。

外資系で有名なのはマイクロソフトの傘下であったエクスペディア(今は独立しています)アゴダなどがあります。

国内系で有名なのはJTB、HIS、アップルワールドなどがあります。

ここでは外資系のホテル予約サイトの特長などを紹介します。

外資系ホテル予約サイトのお勧めポイント

エクスペデア

「マイクロソフト社」から独立した旅行予約サイトで、世界最大の旅行サイトです。2015年より独自のExpedia+というポイント制が始まりました。
以前は外資系独特の使いにくさが見られたのですが、現在では国内系と変わらない快適さでホテル検索、ホテル予約管理が行えるようになりました。
他サイトよ1円でも高ければ「差額の2倍を返金」
ジェットスターなどのLCC航空券も購入できます。

お得なメール会員に登録すれば定期的に”半額セール”などの会員情報が送られてくるので通常よりも格安にホテル予約することが出来ます。

 

取り扱い数 料金表示 支払い方法 ポイント 価格保証
世界3万都市, 29万軒以上 税別 カード及び現地払い 75円 = 1pt 有り

 

Hotels.com

Hotels.comは検索が秀逸で、新婚旅行や家族旅行、観光スポット別などの項目でもホテルの検索が行えます。

ここはエクスペディアの子会社になってから見た感じではホテルの宿泊料金は親会社であるエクスペディアと同じだと思います。

しかし10泊すれば1泊無料のサービスがあるので長期間の旅行の時には割安感があります。

取り扱い数 料金表示 支払い方法 ポイント 価格保証
世界3万都市, 29万軒以上 税別 カード及び現地払い 10泊で1泊無料 有り

 

Booking.com

最近テレビのCMなどでも知名度を上げているBooking.com。
ホテルの取り扱い数で言えば世界最大の宿泊予約サイトになります。

大きなお勧めポイントは、キャンセル無料が24時間前まで有効、現地払い

そして他では取り扱いが少ないホステル、アパートメント、民宿ゲストハウス

などのバックパッカーには嬉しい格安・激安の宿泊施設も掲載していることです。


agoda(アゴダ)

アゴダはネットでの予約サイトとしては老舗の部類で日本でのサービス開始もエクスペディアよりも早かったように記憶しています。
外資系サイトの口コミ情報は外人主体のところが多いのですが、アゴダは日本人の口コミ情報が多くありますので、ホテル選びの参考になります。
口コミ情報は1100万件以上、カスタマーサービスは日本語でOK
東南アジアでのサービス開始が早かったのでアジアに強い予約サイトです。

取り扱い数 料金表示 支払い方法 ポイント 価格保証
75万軒以上 税別 カード及び現地払い 4~7% 有り

agodaでホテルを探す>>

 

外資系ホテル予約サイトの賢い利用法

キャンペーン価格のチェック
エクスペディアなどは頻繁にキャンペーン価格や直前割引、などでホテルを格安で提供しています。

人気のあるホテルでもキャンペーン価格で驚く料金で提供されていますが、これには注意が必要です。

「返金不可」すなわちキャンセル出来ないと書かれていることがあります。
日程も決まり観光スケジュールも変更しない場合は、高級ホテルがお手頃な料金で利用できるのでとってもお得になりますが、日程や宿泊地を変更するかもしれない方は少し高くてもキャンセルできるプランを選びましょう。

ポイント制や割引クーポンを上手に利用する
エクスペディアがExpedia+アゴダも平均で5%のポイントが貯まり、溜まったポイントは次回の旅行に使うことができます。

長期間の旅行の場合はHotels.comが10泊で1泊無料ですから10%引きになりこれも利用したい特典です。

ポイントには有効期限がありますから、あまり旅行しない方はBooking.comのポイントが付加しないかわりに極力宿泊料金を安く設定しているサイトが使いやすいかも知れません。

溜まったポイントの使用は次回の旅行時から使用できるというサービスが多い中で国内サイト大手のHISはポンタを利用してその場でポイントを利用出来るサービスを提供しています。