Sponsored Link

台湾好行木柵平渓線バスで深坑老街~平渓駅~菁桐の癒やしカフェでのんびり

今回の台湾旅行で一番行きたかった平渓線へバスで行きました。

昨年往復電車で出かけて、大陸からの観光客の多さに辟易して平渓駅の散策を断念したリベンジです。

ネット上にはいくつも台湾好行木柵平渓線バスを利用した記事が上がっているので書くつもりは無かったのですが薄れていく記憶を残したいと思って書いています。

深坑老街に寄り道してから平渓駅~菁桐に向かいます。

文章力の無さを補う意味もあって写真を多めに。

MRT分山内湖線の木柵駅へ

朝9:30発の野人谷行きのバスに乗るために朝ごはんを済ませて出かけました。

台湾好行木柵平渓線バスの停留所は改札を出て右に行き、幹線道路の反対側にあります。

改札を出て幹線道路にでると大きな寺院とバス停がありますが、ここではありません。

道路を渡った反対側のバス停が木柵平渓線バスの乗り場です。

ちゃんと綺麗な表示版が設置されているので迷うことはありません。

十分の十分観光客センターまで行くならこの野人谷行きが良いとどこかのブログに書いてありましたが、

私達は平渓までだからどのバスでも行けるようです。

この795番の運行ルートを載せておきます。

バス停の数を数えると随分と時間がかかりそうですが、平渓まで1時間ぐらいで行くことができます。

バスは観光バスを想像するとガッカリします。普通の市バスです。

悠遊カードがあればどこへだって行くことができます。(^o^)

乗る前にチャージしておきましょうね。

今回は深坑老街で途中下車です。

深坑老街は午前中は寂しい・昼過ぎか灯りの綺麗な夕方がベスト

この景色が見えたらそこは深坑老街。臭豆腐のメッカです。

木柵駅から深坑老街まで約30分。

平日の10時ぐらいなので観光客はほとんどいません。

人間より鳩と猫のほうが多いぐらい。

深坑老街から平渓へ向かう側のバス停です。

次のバスの時間を確かめてから散策に出かけました。

入り口にあった臭豆腐の専門店。仕込み中ですね。

花枝フライが目立っています。
店のお姉さん奥にいますが出てきません。準備で忙しいようです。

この店も準備中。

臭豆腐目当てにいくのなら、昼すぎぐらいをお勧めします。

午前中は観光客も居ないので、開店しているお店でもやる気ゼロで活気がありません。

レンガづくりの老街ですがかなり手を入れて綺麗に補修されています。

この風景の裏側が下の写真。のり面にしがみつくように建っています。

深坑老街の散策はこれぐらいにして、調べておいたバス時間の少し前にバス亭に戻ります。

しかし時刻の2分前に戻ったのですが、バスは過ぎ去った後でした。

日本のバスのように時間調整なんてことはしません、目視で客がいなければ通過します。

せめて5分前にはもどるべきでした。

スポンサーリンク







ここから40分待ちで暇なので通りゆく車や地元の人を観察して時間つぶし。

お相撲さんのラッピングでなんだろうと思ったら、痔の薬の広告みたいでした。

やっと平渓行きのバスがきました。

ご覧のように普通のバスです。
ここから結構な山道を走っていきます。

よくバスの運転が荒くて怖いとブログで書いてありますsが、このバスの運転手は丁寧で上手な運転でした。

国によるというよりも人にもよるんですね。

平渓駅周辺の風景と食事

お馴染みの竹筒に書いた短筒で、日本語も結構ありました。

郵便局の壁アートがとても可愛いですね。

小腹が空いたので、ウインナーを買います。

ちょいビリからで食欲をそそり、よけいにお腹が空きました。(^o^)

食欲を刺激されたので、近くの食堂へ。

なにを頼んでいいのか分からずウロウロしていると、さっきのウインナー屋のおばちゃんがやってきてこれが美味しいと勝手に注文。

このお節介なところは大阪の下町のおばちゃんみたいで好きですね。

魯肉飯ともう一つ(名前失念)、癖も少なく日本人の味覚にも合う味でした。

ここにも天燈上げのお店があるので、十分よりも混雑していなくて穴場です。

電車で一駅 で菁桐に到着しました。

関係ない話ですが、台湾系の旅行ブログを書いていると漢字の変換に困ることが多いです、読み方が分からない漢字も多いし・・

台北駅構内にある鉄道グッヅのお店がここにもありました。

菁桐というよりも平渓線自体が炭坑線ですから、炭坑関係の歴史物が多いところです。

いろいろ見たかったのですが、足の具合がよく無かったので、喫茶店で一服して帰ることにしました。

菁桐のアンティークな喫茶店

このお店が素敵でした。

名前は失念 通りの奥にあります。

アンティークなインテリアで、アメリカンというよりは日本の昭和的雰囲気が心地よくのんびりした癒やしとくつろぎを与えてくれます。

カフェの値段はメニュー見た時に高いと思いましたが、運ばれてきたらビッグサイズで通常の2.5倍ぐらいの量があります。

これだけあると追加注文せずに長い時間過ごせますね。

ここで1時間以上のんびりしたので足も楽になりました。

帰りも電車は混むのでバスで帰ることにします。

スポンサーリンク