桃園国際空港から市内への移動が便利に MRT空港線がプレオープン

待ちに待った台北桃園国際空港から市内へ抜ける地下鉄(MRT桃園メトロ)が開通することになりました。

計画から約3年半で経ちましたが、めでたく開業の運びとなったようです。

桃園メトロ(MRT)空港線とは

桃園国際空港から林口を経由して台鉄台北駅まで同線は全長51キロを約35分で結ぶ地下鉄で、昨年2016年末に開業予定だったのですが遅れて2017年2/2にプレオープンとなったようです。

プレ開業期間は1カ月の予定で一般市民の乗車は3週目から乗車出来ることとなり同期間の運賃は無料。正式開業日は3月2日で、その後1カ月間は5割引の特別運賃が適用されるということです。

高速バスでもなかり便利だったのですが、MRT開通でさらに桃園国際空港は使いやすくなりますね。

市内を結ぶリムジンバスの運営会社は痛手でしょうね。

これからはバスの利用は深夜だけで済みそうです。

でも・・・LCCを利用すると深夜着が多いのでやはりバス利用になりますかね。(^▽^;)

台北桃園国際空港から市内へバスルートと停車するバス停

2016.10.25

台北桃園空港に深夜着 効率のよい市内への移動と豪華高速バス白金臥艙で高雄へ

2016.05.23

駅で黒丸は快速停車駅ですから、台北駅まで4駅で到着するんですね、バスで約1時間かかっていたので35分で結んでくれたのは有り難いです。

桃園空港線の気になる料金と運行時間は

運賃は160TWDの予定となっているようです。

これは各駅停車でも急行でも同じ料金に設定。

バスが125ですから思ったよりも高く感じますが、バス会社の経営を守るためもあるんでしょうね。

何分間隔で運行しているかは分かりませんでしたが、始発は6:00で終電は24:00になっていました。

う~んやっぱりジェットスターの深夜便は24:05分着ですから間に合わないですね。

でも帰りはギリギリまで台北で過ごすことができそうです。

5月に台湾へ行く予定していますのでその時に調べてレポートしたいと思います。