Sponsored Link

二人で朝食付きで3500円 大きいプールとリゾート感たっぷりのお勧めパタヤホテル

南国でリゾートしたい。

でもお金もそんなにはかけたくない。

ギラつく太陽とリゾート感満載の大きなプールで、プールチェアーに寝そべりながら本を読んだり、音楽を聞いたりしてのんびりと過ごす。

朝9時に起きて朝食を1時間かけてとり、プールで3時間ほど泳いだり寝転んだりして近くの地元食堂でお昼を頂く。

昼食が終われば近くを散歩して、海岸を歩くも良いし、動物園や水族館、もう少し足をのばして水上マーケットで買物するのも楽しい。

その日が火曜か木曜であれば地元色の濃い火木市場へ出かけるのもタイを味わえて気分が高まります。

今回は3500円(一泊)でリーゾト満喫できるホテルを2つご紹介します。

パタヤにおいて一番ホテル料金が安い時期でかつ過ごしやすい時期は9月と10月です。

ご存知のように9月と10月は雨季末期でスコールが多い時期ですが、ほとんどの場合夕方に2時間ほど豪雨がくるだけであとはとっても過ごしやすい季節でもあります。

一般的にハイシーズンは11月から2月末ぐらいですが、この時期は雨は少ないですが、一旦雨が降り出すと1週間、10日間連続で雨が続く時があります。

それにプールで泳ぐには寒いですし、寒い欧米から観光客が押し寄せるのでホテル料金が高騰するのもこの時期の特長です。

以下のホテルもハイシーズンは価格は2倍近くになりますね。

今回はナックルア(北パタヤ)にある安価なリゾートホテルに宿泊してきましたので紹介します。

グリーンパークリゾート

場所はデシュタニリゾートの裏手に位置します。
ソンテウが拾えるドルフィンサークルまで歩いて数分の場所で不便さは感じないですね。

近くにバービアなどが無いので、その手の遊び目的の人は不便かもしれませんが反面騒音に悩まされることも無く、夜はぐっすり眠ることができます。

この近辺ではグリーンパークと同じような作りのホテルが多いですが、プールの大きさやゆったりした敷地ではグリーンパークは一番だと思います。

ドルフィンサークル角にあるウッズランドを過ぎた角のソイを入ってまっすぐの所グリーンパークはあります。

このドルフィンサークル近辺には、デシュタニを始めとしてアマリなどの高級リゾートが立ち並んでいるエリアで、ソンテウも海岸周り、ナックル方面、北バスターミナル方面へと行くことが便利な地域になります。

プールは木立の中にレイアウトされたパタヤでも屈指の大型プールです。

閑散期ではほとんど人がいないのでこの大きなプールを独占できます。(^o^)

ハイーシーズンで宿泊客が多い時期でもチェアーは十分な数があるので、朝から席取りする必要が無いことも嬉しいですね。

宿泊している客層は家族連れのファラン(白人)が多くて、入れ墨率も少ないように思えます。

アジア人は少ないです。

客室は低層タイプです。

確か2015年近辺でリノベーションされて綺麗になっています。

朝食の写真が見つからなかったのですが、バイキング方式ですが美味しかったと記憶しています。

またホテル前には地元の食堂があってリーズナブルにご飯を食べることができますし

クリーニング屋も兼ねているので長期滞在のファランはここでまとめて洗濯を出しているようです。

 Loma Resort(ロマリゾート)

グリーンパークリゾートからさらに北にあるホテルです。

地図では遠く見えますが、歩いて5分はかかりません。思ったより近いと感じます。

ホテル前を北へ数分で有名な地元食堂「ソムタム・プーマー」がありますし、海岸へ下りれば有名なシーフードのお店やその道中にはピザ屋さんなどもあって食には困らないし、散歩していても楽しいエリアになります。

プールも大きくてグリーンパ-クには無いジャグジー付きのプールもあります。

このホテルはグリーンパークよりもさらに安くてオフシーズンなら2000円ほどで宿泊できるリゾートホテルです。

客層は静けさを優先する白人のファミリーが多く、アジア人は見かけませんでした。

如何ですか。

タイでリゾートだとプーケット、サムイ、ピピ島などが有名ですが、パタヤならこんなに低予算でリゾート気分が満喫できます。

浮いた予算でシーフード三昧も悪くないですよね。

ホテルの最安値検索はトリバゴが便利です。

スポンサーリンク