Sponsored Link

ソイ23のメイマッサージとトニーマッサージに通いつめて比較してみた

以前にこのブログで紹介したバンコクの激安マッサージ店May massage(メイマッサージ)を紹介しました。

バンコク市内で格安100バーツ(340円)マッサージ 安くて上手いこの価格は激安だ

2017.01.16

そしてトンブリー地区の庶民の市場であるワンラン市場へ出かけた時にも100バーツでフットマッサージが出来るお店が無いかどうか調べたところ一番安いお店で150バーツで多くの店は200バーツが標準価格でした。

やはりソイ23の100バーツ/一時間という価格は激安だとあらためて思いました。

パタヤでも100バーツのお店はあることはあるのですが、全体的に料金は値上がり傾向にあります。

お店への行き方は上に書いた以前の記事を参照して下さい。

店の雰囲気はどうか

メイマッサージ

まず両店舗とも激安マッサージ店ですから店の内装や椅子・着替える場所等はそれなりですから、シーロムなどにあるマッサージ店と比較してはダメです。

しかしながらこの2つのお店とも雰囲気はなかなか良いと思います。

トニーマッサージは店内はチェンマイ風、メイはカオサン風といった感じです。

トニーマッサージ

マッサージ担当の腕はどうか

マッサージ師の上手い下手は主観によるところが大きいので参考程度にして下さいね。

まず働いているのは両店とも若い男性主体です。

メイもトニーも女性(おばちゃん)は2人ほどいます。

メイのおばちゃんにはやってもらわなかったのですがトニーの方はフットマッサージをお願いしました。

腕の方は普通です。

昨日担当してくれた男性のほうが上手かったように感じました。

男性の腕ですが

メイとトニーでは平均年齢が違っていて、メイはあきらかに20歳以下の男の子が何人もいます。

トニーの場合は平均すると24~5歳ぐらいでしょうか・・メイは男の子トニーは青年という感じですね。

したがってあきらかにトニーマッサージの男性のほうがマッサージは上手いと感じました。

Sponsored Link



トニーマッサージはイケメン揃い

トニーはカッコイイと思えるようなイケメンが数人いて、日本語を喋る子も一人います。

まだまだカタコトですが、一生懸命「痛くありませんか」、「ここはどうですか」とか話しかけてくるのには好感が持てました。

日本語は仕事が終わってから本やテレビなどで勉強しているらしいけど、仕事が忙しすぎて勉強する時間があまり無いと言っていました。

イケメンも主観なので参考程度に(*^^*)

 

お店によってはマッサージ後にチップをせびるような仕草だったり、チップの額が少ないと嫌な顔を露骨にするお店もありますが

この点に関しては2つのお店はなんの問題も無く嫌な思いもしませんでした。

ちなみにメイでは50バーツ、トニーでは60バーツ渡しています。

 

バンコクは今値上げが激しいのでこの料金を維持するのはしんどいかもしれませんが頑張って欲しいですね。

 

スポンサーリンク