Sponsored Link

ESTA(エスタ)申請費用を安く上げるには日本語対応に代行に依頼するのが旅行費用を抑える秘訣です。

ESTA(エスタ)の申請ハワイ
ESTA(エスタ)の申請ハワイ

いつきです。
皆さんはESTA(エスタ)ってご存知ですか。
自分はいままで全く知りませんでした。

いつものJTBで格安ツアーを調べていたらハワイ5日間が7万円台で出ていて、いつもバカみたいにタイばっかりに出かけていて同じぐらいの価格でハワイに行けることにビックリしました。

そこでハワイへ渡航するにはESTA申請しなければいけない事を初めて知りました。

ちょっとESTA申請について調べてみました。

ESTA(エスタ)ってなんだ

ESTAの正式名称は電子渡航認証システム(ElectronicSystemforTravelAuthorization:エスタ)と言い、2009年1月12日からビザを取得せずにアメリカ(米国)入国する全ての外国人に対してESTA(エスタ)の事前申請(日本語可)が義務化されされたもので日本もビザ免除対象国に該当する為に、アメリカ本土はもちろん日本人観光客の多いハワイでもESTA取得が必要です。

アメリカ(ハワイ)入国の目的が短期商用・観光等、滞在希望日数が90日以内の場合(乗り継ぎを含む)、米国大使館でのビザ取得は免除されますが、渡航前にインターネットでESTA申請を行い渡航認証を受ける必要があり、この渡航認証システムがESTA(エスタ)です。(事前にビザを取得して渡航する方はESTA申請は不要です。)ESTA(エスタ)は、旅行の許容のための事前委任です。アメリカ(ハワイ)入国する72時間前には、ESTA申請を推奨しています。

アメリカに関わらず先進国諸国はテロ防止のために監視システムを強化しています。

ESTA(エスタ)もテロ防止のために短期滞在のビザ(査証)を免除している参加国(ビザ免除プログラム参加国)の渡航者が、ビザなしでアメリカに渡航する条件を満たしているかどうかを審査するものです。

上記の説明では分かりにくいですが、ビザを免除する替わりに渡航者自身が訪問国に対してなんらリスクを及ぼすことは無いという証明をESTA(エスタ)でチェックしますよいうものです。

したがってビザを取得する場合はESTA(エスタ)申請は必要ありません。

ESTA(エスタ)が必要な渡航先

基本的にアメリカ全土ESTA(エスタ)申請は必要と考えたほうが良いと思います。

比較的安く行くことができるアメリカとして日本人に馴染みで人気のグアム・サイパンなどは現時点ではESTA(エスタ)申請は必要ありませんが、

北朝鮮などの緊迫した不穏な空気から今後は必要になってくると予測します。

渡航先が別の国であってもアメリカで乗継(トランジット)する場合もESTA(エスタ)申請は必要になってきます。

ESTA(エスタ)の申し込み方法

ESTA(エスタ)は基本的にオンライン(インターネット)での申込みしか受け付けていません。

英語サイトしか存在しないために英語が苦手な方は結構苦労すると思います。

ESTAの申請には、14ドルの料金(費用)がかかります。

と言う事は、英語が理解出来てネットが不自由なく使いこなせる方は14ドルだけでESTAの申請が終わることになります。

 

しかし記載が間違っていたりしたらどうでしょうか?

男性なのに女性にチェックを入れたとか、生年月日を間違えたとかパスポート番号を間違えたとか申請したあとも心配になります。

間違った記述をすると入国出来ないことにもなり楽しみにしていた家族旅行が台無しになる恐れもあります。

記載ミスは後からでも訂正はできるのですが、その度に14ドルの料金が積み重なっていきます。

訂正は無料ではありません。

 

このことからESTA(エスタ)申請は日本人による代行会社に依頼することが一般的であり間違いが少ない方法ではないのかなと思いました。

 

基本的にアメリカ全土ESTA(エスタ)申請は必要と考えたほうが良いと思います。

比較的安く行くことができるアメリカとして日本人に馴染みで人気のグアム・サイパンなどは現時点ではESTA(エスタ)申請は必要ありませんが、

北朝鮮などの緊迫した不穏な空気から今後は必要になってくると予測します。

渡航先が別の国であってもアメリカで乗継(トランジット)する場合もESTA(エスタ)申請は必要になってきます。

ESTA(エスタ)申請の日本語による代行業者はまだ少ない

 

ESTA(エスタ)申請を代行してくれる業者を探してみました。

日本語で書かれたページでも役所の書いた文章は分かりにくいですよね。
ましてやこれが英語であればなおさらのこと。
多少の旅行英語が理解るレベルでは太刀打ちできません。
間違えた時のリスクを考えると代行業者に依頼するのが賢いやり方です。

 

アメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト(CBP)ではお問い合わせは英語のみの対応となりますが紹介サイトでは
全て日本語でのメール対応が可能です。

 

グアム・サイパンへの旅行ではESTA(エスタ)は必要なのか

Sponsored Link



グアム-サイパンはESTA(エスタ)の申請は今のところ必要ありません。

機内で配布される書類(I-736およびI-94)へ記入し提出することで入国できます。

 

しかしアメリカ合衆国は米国国土安全保障省 税関・国境取締局(CBP)はESTA(エスタ)によるグアム・サイパン入国を推奨しています。

 

特典として2016年4月よりエスタ取得者のみが利用できる専用レーンが設置されています。

 

そしてESTA(エスタ)を利用する場合には45日ではなく90日以内の滞在が可能となります。

スポンサーリンク