京都日帰り弾丸ツアー 和装用のバッグを探す旅

京都日帰り弾丸ツアー

御所南で楽しむ和小物とおみやげ

京都には年に数回訪れますが、大概日帰りです。
行きたい場所はいっぱいあるけど、一日で回れる範囲は限られてしまうので、いつもエリアを絞っていくことにしています。
今回は御所南をメインに、着物の小物探しをしました。

【ちょっぴり大人っぽいところが魅力】
私がよく行く御所南は、大体の目安が北は丸太町通から南が御池通、西の烏丸通から東の河原町通というイメージのエリアです。

マンションや町家なども多いし、オフィス街でもあるので、少し落ち着いた雰囲気。
それに御池通の歩道が広いので歩きやすいです^^;

【まずは目当ての和小物屋さん】

今回のメインは、とにかく着物に合わせる小物探し!!
着物好きの先輩にご一緒してもらいました。

最初の行き先は、二条富小路にある「二とみ」さんです。
ここでは主に、着物の「しぼり」を使ったカバンやポーチなどを作られています。
ご実家が元々しぼりの製造卸をされていたということもあって、素敵なお品物ばかり。
着物のかばんって、かわいいけど使いにくい…ってこと結構あります。
でも、ここはそんなことはありません。機能性もばっちりなんです!!
それに、和小物って持ちにくい…と思う方も多いかもしれないんですが、そう思わせないほどモダンな雰囲気が漂っています。普段使いでも持てそうなものばかりで。

IMG_20150712_104149

私は今回、着物に合わせるためのカバンと、ポーチ、他にも中古の帯締めなんかも頂きました。

IMG_20150712_110830
カバンは小さく見えて、折り畳み傘が入る(!!)し、ポーチも小さく見えて大容量☆
しかも手触りがすごくよくて、とても気に入っています。
お店においてあるお品物は、生地がなくなればもう販売されることがなかったりもするので、欲しい!!と思ったら購入されるほうがいいかも。
また、生地の持ち込みでオーダーも出来るところもいいなと思います。

【おみやげものを…柳桜園】

御所南は小さくてかわいいお店がたくさん。
ついつい気になるものが多くて、歩き回ってしまいました。

お昼ご飯をいただいたあと、お目当てのお店が寺町通にあったので、その間にある、「柳桜園」さんというお茶屋さんに立ち寄りました。
京都といえば、一保堂さんや、福寿園さんなど、たくさん有名なお茶屋さんがありますよね。
でも私の御用達(笑)は、いつもこちら。

鳥獣戯画のショップ袋がかわいいお店なんですが、茶道三千家の御用達でもある専門店なんです。
お店に入ると、ふわーっとお茶のいい香りがします。
また、お店では冬には温かいお茶、夏は冷茶といった心遣いが…さすがです。
こちらではかりがねほうじ茶も人気ですが、私はいつもお煎茶をいただいています。銘柄はその時々で変わりますが、よく買うのは「朝日」というものです。
香りの中に甘味があって、ちょっとゆっくりと一服したいときは、こちらをいただいてリッチな気分に浸っています(^^;

【テキスタイルと和小物の組み合わせがモダン】

dsc_0166-1
さて、寄り道をしたあと、また着物の和小物探しへ。

お目当てのお店は、寺町通にある「プティ・タ・プティ」です。
外観は、和とは真逆の、おしゃれな感じ。
テキスタイルを使った文具やインテリアを作っておられるお店です。
中に入れば、外国のお店っぽい雰囲気で、とっても好み…。

そして、今回のお目当てはこちらで作られている、帯留。
クルミボタンのようなデザインで、テキスタイルの色の出方がひとつひとつ違うので、こちらも「同じものはほとんどない」、ということに、買う楽しみがあります。

1413286012597

他にも、テキスタイルを使った草履や日傘なんかもあります。
モダンなんですが着物と合わせたら素敵だろうな~と見とれてしまいました。

そのプティ・タ・プティの近くに、小さなお菓子やさんがあったので、お土産にいただいて帰りました。

dsc_0980-1
「コロンボ」という名前のティラミスやパンナコッタを作られているお店です。
ティラミスは瓶入りでたっぷり…なんとなくリッチな気分になりました☆

【休憩はちょこっと路地奥にあるケーキ屋さんで】

dsc_0963-1
そろそろ休憩を、ということで立ち寄ったのは、「サロン ド テ エム エス アッシュ(Salon de the m.s.h)」というケーキ屋さんです。
この隣、通り沿いに京都の人気カフェ「さらさ押小路」があったんですが、今は閉店しちゃってるんですね…残念。
エムエスアッシュさんは、その横の路地奥にあるお店です。
テイクアウトだけでなくイートイン出来るので、こちらでお茶することにしました。
店内は白を基調にして、明るいお店です。
季節ごとのフルーツがたっぷり。甘さも控えめで私にはちょうどよかったです。二つくらいいけそうでした。笑
気候のいい時は、外のテラス席もよさそうなお店です☆

【思わぬ衝動買い…銀の根付】

エムエスアッシュさんを出ると、すぐ近くにある「かざりや鐐」さんという、銀を使ったアクセサリーを販売されているお店が目について、寄ってみることに…。
繊細な銀の製品が、目に美しいです。
こちらではオーダーもされているんですが、ピアスなどのアクセサリーをはじめ、食器まで作っておられます。
私は今回、こちらで根付を拝見…ストラップの色も選べるので、とっても迷ってしまいました。笑

【帰る間際にもう少し歩いて…】

帰りの電車の時間もあるものの、もう少し気になるお店があって、御所南を離れ南下。

目指したのは、三条柳馬場にある「西村吉象堂」というお店です。
漆器や工芸品のお店で、店舗も前にも漆のぐい飲みなどがワゴンに置かれたりしています。
二階はギャラリーになっているので、何度か知り合いの展示会に来たりしました。
今回の探し物は、サブバッグ。

dsc_1823
鳥獣戯画の布地でハンドバッグやショルダーバッグなどを作られていて、着物の時のサブバッグに欲しいなと思っていました。
お弁当箱も入りそうなマチ付きと悩んだものの、パンフレットが入る大きさのものを購入。
こちらでも、持ち手や裏地をオーダーできるということでした。

さらに、蛸薬師通まで下がって、「サンパギータ」というカバン店へ。こちらでは、市松模様のようなかごバッグを販売されているのですが、こちらも着物用のバッグにいいのではないかなと思ってチェックしていました。
大きさも形も色々、カラーも春っぽいのから冬っぽいのまでと色々あり、悩んだ末時間も来てしまったので、オンラインショップで購入しよう…とその日は我慢。笑

【モダンな和小物に出会えた一日】

今回の京都旅では、私がこれまで持っていなかった和小物にたくさん出会えた旅でした。
これまで持っていたものはどちらかというと、スタンダードな小物が多かったのですが…今回買ったものはどれも、着物、洋服、どちらでも使えそうなデザインだし、着物と合わせるならとってもモダンな雰囲気です。
オーダーが出来るお店がたくさんあるのも、お買い物する上では楽しみの一つになるなと思いました。

【じゃらん】 京都のホテル・宿の予約