Sponsored Link

パナソニックLUMIX DMC-LX7を今更ながら購入しました。

今年の春ぐらいから断捨離を初めてて、オーディオやカメラをかなり売りました。

調子に乗って売りすぎた為に、いざ旅行に行こうとしたときに持っていくカメラが見当たらない。

と言っても一眼レフはあるし、DP1やリコーGXRも持っているのですが手元に残っているのはマニアックすぎて使いにくいカメラだけが残ってしまったという状況です。

LCCで出かける時には荷物は出来るだけ少なく、軽くしたいので一眼レフは置いといて小型の写りの良いカメラが欲しくなりました。

カメラの世界で小型で写りの良いものといえば1インチサイズの映像素子を使った高級カメラばっかり。

ソニーのサイバーショット DSC-RX100M5なんて10万円はします。

キャノンのPowerShot G7 X Mark IIだったら6万ぐらいで購入できますが、キャノンの小型カメラは故障が多くて触手が動かないんです。

で目に止まったのがLUMIX DMC-LX7だったんですよね。

このカメラはF1.4-2.3という驚異の明るいレンズを搭載していてそれもライカ製だということで話題になったカメラです。

これぐらい明るいレンズだと開放で撮るとボケてくれますし、夜景なんかもブレる事が少なくなります。

 

シルバーが LX2で、ブラックがシルバーが LX7です。

それに長年使用しているLUMIX DMC-LX2がとっても良いカメラで今でも現役で使用していることもあって、LX7になってどう変わったのかを知りたかったんですよね。

お詫び;こんな記事はだれも興味無いでしょうからザックと書いています。(^▽^;)

LUMIX DMC-LX7の印象は

結論から書きます。

正直アレレ~~失敗したかな。という気持ちでいます。

先代のDMC-LX2は写りが良くって透明感のある風景を描写する能力がありますが、LX7の画像は凡庸でつまらないように感じました。

LX7のユーザーの方にはお詫びします。あくまでも個人的な感想ですので。

 

LX2とLX7では大きく変わったところが2つあります。

◯映像素子はCCDからCMOSに変更された事

◯映像素子のサイズが1/1.7型と小さくなった。LX2は1/1.65型

ちょっと昔の写真を見返してみました。

CCDのカメラで撮した写真は色乗りが良くてコダックのフイルムに近い感じがします。

リコーGX100

CMOSカメラで撮した写真は、初期のソニー製であれば白っぽい色調で写っています。

被写体も違うし天気も違いますがやはり白っぽい写真ばかりでした。

ソニー製カメラ 型番忘れました。

でもCMOSも進化していますので現在のものは白っぽさは感じません。

以下はLX2で撮った写真です。
少し彩度をあげてあります

人によってはどぎつい写真と感じるかもしれませんが、料理の写真とかは本当に美味しそうに写っていると思います。

Sponsored Link



以下はLX7で撮った写真です。

私の腕が悪いのかジャストなピントが中々きません。

何を撮してもピントが甘い感じがします。

個体が悪いのか腕が悪いのかどちらかでしょうね。

それじゃ~LX2を使えばいいじゃん!と思われるかもしれませんが、

LX2は設計が古いので手振れ補正が弱くてブレた写真を量産します。

旅行で撮した写真も夕方などにとったものはほとんどブレています。

その点CMOSのカメラは高感度で夜に強いです。

なかなか完璧なカメラなんて無いもんなんです。

中古カメラを見ているとCCD搭載のコンパクトカメラが売りに出ると、すぐに買い手がつくようです。

マップカメラでもキタムラの中古カメラ
でもすぐに売り切れてしまっています。

探している人は多いんですね。

スポンサーリンク