Sponsored Link

Amazon Echo(アマゾン エコー)で生活はどう変わる?とりあえず予約入れておいたよ。

Amazon Echo Alexaって何?

Amazon Echo(アマゾン エコー)が日本でも発売になりますね。

アメリカでは2015年から発売して累計1000万台を越える販売数になっていますから、各企業共戦々恐々としている現状らしいですね。

最近テレビでこの種のAI搭載音声スピーカーのCMが増えていて目にしたことがある人も多いと思います。

そんな中でも本命とされているのがAmazon Echo(アマゾン エコー)なんですね。

以前海外にいる知り合いがAmazon Echoを使っているのを見て便利そうに思えたので日本での発売を心待ちにしていました。

Amazon Echoとは

Amazon Alexaという音声認識技術を使って製品化されたスピーカー内蔵のものをAmazon Echoと呼んでいます。

今回発売になるのは3種類でそれぞれEcho dot、Amazon Echo、Amazon Echo Plusという製品名で呼ばれています。

Amazon Echoで何が出来るのか?

Amazon Alexaとは、音声操作サービスなんですね。

音声によってクラウド内の音楽を再生したりスケジュール管理をしたりネット上のニュースを読み上げてくれたりします。

組み合わせによっては出来ることは無限大ですが、一般家庭での使い方としては以下のような場面でしょうか。

音楽再生

アマゾンプライム会員であればAmazon Prime Musicを手軽に高音質で聞くことができます。

 

Prime Musicは使ってみての感想として、なんでも良いから音楽を聞きたい時には便利ですがアーチスト名を指定して聞きたいとかm1950年代のJAZZを聞きたいとかドリカムの”大阪LOVER”だけを探して聞くのには面倒な操作が必要でした。

 

それがAmazon Echoを導入することで、アレクサドリカムの” 大阪LOVER”をかけてと言うだけで選曲してその曲やアーティストを流してくれます。

便利な使い方として料理中に台所で音楽を流したり、料理レシピを読み上げてもらったり、就寝時にはベッド横に持ってきて寝付くまでリラックスできるBGMを流したりして心地よい眠りにつくことが出来ますね。

え~朝まで音楽が鳴っているの?と思うかもしれませんが、アレクサ 30分のタイマー設定してね。と頼んでおくと30分後にはタイマー機能により音楽はストップします。

タイマー機能

機能としては地味ですが一般的な生活において様々な場面で役に立つ機能です。

料理の加熱時間やお風呂のお湯張りや、朝の目覚ましかわりにアレクサに話しかけるだけで簡単です。

アレクサ一時間たったら教えてね とか時間指定でアレクサを作動させることで時間管理がスムーズにできるようになります。

天気予報やニュースの読み上げ、スケジュール管理など

忙しい朝には便利な機能で、その日の知りたいニュースや天気などを読み上げてくれます。

地方や海外へ行く時なども、アレクサ バンコクの天気や気温を教えて?と話しかけるだけで知りたい情報が分かります。

スケジュール管理などもアプリを使ってインプットしておけば、今日のto・doなども読み上げてくれますので大事な仕事の打ち合わせや記念日の登録などにも便利ですよね。

 

ちょっと昔みた映画のようなワンシーンが現実のものとなっている感覚ですね。

その他

アマゾンですからショッピング機能も充実しています。

話しかけるだけで欲しい商品の注文が出来たりします。

定期的に買う日常生活商品などは、アレクサ トイレットペーパーの注文をして と話しかけると注文ができてしまいます。

自分的には使わないサービスかもしれません。

最上位のAmazon Echo Plusを使えばハブに連結された家電や照明などはアレクサでコントロールできるようにもなります。

今回発売される3機種の違いとは

Amazon Echoのどれを選べば良いのか分からない方の為に簡単に説明しますね。

貴方がプライム会員なら11/17までにリクエスト送るとEcho dotで2000円引き、Amazon Echo、Amazon Echo Plusは4000円引きで購入できます。

Amazon Echoが7980円で購入できるのですから激安だと思います。

迷っている人はAmazon Echoにリクエスト送ることをお勧めします。

買うか、買わないかは後で判断すればいいだけですから。

Echo dot
一番小型で価格も安く設定されています。
入門用ですが出来る事は一つ上の「Amazon Echo」と遜色ありません。

 

通常家庭で使用する音楽再生やニュースの読み上げ、スケジュール管理天気情報の取得などなど普通に出来ます。

ただ音楽を聞きたい場合には,多分ですがこのサイズではラジカセ以下の音質になると思いますので

プライムミュージックなどを手軽に聞きたいのであれば「Amazon Echo」をお勧めします。

 

「Amazon Echo」
中核をなす機種でこれ一台で生活が一変します。

私は音楽メインで使いたいと考えてこれを予約いれました。

見て分かりますが結構大きめのマグネットを採用した2.5インチ(63.5 mm)ウーファー、0.6インチ(16 mm)ツイーターで構成されていて、音質的にも期待が持てると思います。

さらにMusic Unlimitedの配信サービスが始まる事も見逃せません。

このサービスは定額制で4,000万曲以上が聴き放題の音楽配信サービスという事で

無料のプライムミュージックでは聞きたい楽曲が少ないことで不満を持っていたユーザーには喜ばれそうな音楽配信サービスです。

しかもAmazon Echoを持っているユーザーは月額380円で利用可能になるのもビックリですね。

通常料金は月額980円ですが、プライム会員でEchoを持っていればディスカウントされて380円になるそうです。

この料金なら迷う事はありませんね。

Amazon Echoが届き次第、すぐ入会します。 

最初の一月はお試しで無料になっていますので気軽に自分に合うサービスかどうか確かめられますね。

Amazon Echo Plus
Amazon Echoにハブ機能を追加してより家電や室内設備を便利にしてくれます。

しかしスマートハウスがアメリカと違ってそんなに普及していない日本ではオーバースペックかもしれません。

最新のスマートハウスや家電、車を所有している人は迷わずこれがベストアイテムでしょうね。

Echo dot、Amazon Echo、Amazon Echo Plusの購入方法

ちょっとややこしいのですが招待制となっているようです。

製品の右横にある”招待メールをリクエスト”をクリックすると予約待ちとなるようです。

注文数が多くて生産が追いついていないための苦肉の策だと思われます。

クリックすると以下のメールが届きます。

Amazon Echo
〇〇 様,

Echoの招待リクエストをありがとうございます。
招待されたお客様には、今後数週間のうちに、ご招待Eメールをお届けします。
ご招待Eメールを受け取られた方は、対象商品をご購入いただけます。

よろしくお願い申し上げます。
Amazon Echoチーム(テキスト)

あとは待つだけです。入荷次第おしらせが届きます。

貴方がプライム会員で無いなら加入をお勧めします。

 

 

スポンサーリンク