Sponsored Link

AmazonFire TV のNew モデルは絶対に買いでしょ!

AmazonはFire TV のNew モデル

AmazonFire TV のNew モデルが発売されますよね。

現在予約受け付け中で実際の発売は10月26日から順次発送していくようです。

欲しい人は予約を早くいれておかないと納品が遅れる可能性があります。

Fire TV がどんなものか分からない方は以下を参考にしてくださいね。

Amazon FireTV Stickを買ってみた。大画面で見るプライムビデオここが不便だった

2017.02.22

Fire TV のNew モデルと旧モデルは何が違うのか

さて何が変わったのでしょうか。

アマゾンのウェブサイトから抜粋してみました。

Amazon出典

Fire TVはお持ちのテレビのHDMI端子に接続してWi-Fiにつなぐだけで、Amazonビデオ、Hulu、Netflix、YouTube、Abema TV、DAZN、dTVなど、豊富な映画やビデオをテレビの大画面で楽しめます。

新登場 – 4KとHDR(ハイダイナミックレンジ)対応でさらに美しく。臨場感あふれる映像をお楽しみいただけます。音声認識リモコン付属で見たいコンテンツにすぐアクセス
最大60fpsまで対応。4K、HDR、Dolby Atmos Audio対応のテレビやオーディオ機器で、その場にいるかのような美しい映像と迫力のサウンドを堪能
さらにプライム会員なら、プライム・ビデオ対象作品が追加費用なしで見放題。映画、ドラマ、アニメ、お笑い・バラエティ番組など充実のコンテンツ。また、Prime Musicで数百万曲が聴き放題

ASAP機能で素早く再生。好みの映画を学習して、事前にバッファリングを開始
802.11ac 高速Wi-Fi対応、クアッドコアプロセッサ搭載でサクサク滑らか 。アクション映画、ライブ放送、スポーツ中継も思う存分楽しめる

ここがおすすめポイント
大幅な値下げ 旧FireTV 11,800円⇨8,980円
旧FireTV よりも3,000円も安く設定されています。
一万円越えるのと越えないのでは随分違いますよね。
小型化
旧タイプよりも見た感じて二回りぐらい小型になっています。

1.5GHzのAmlogicクアッドコア・プロセッサーでサクサク動きます。

さらに無線LANもIEEE 802.11ac対応デュアルバンド対応で高速化されています。

旧FireTV と比較して約40%も性能がアップしているとの事です。
音響が進化
新FireTV はDolby Atmos Audio対応しています。
旧タイプはDolby プラスでした。映像がさらに美しく
4KとHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応
旧タイプも4K対応でしたがさらにHDR追加でさらに美しい映像を見ることができるようです。

実際オーバースペックでは無いのか

音響に関してはそれぞれで拘りが違うのでなんともいえませんが、Dolby Atmos Audio対応は僕には魅力的です。
現在は5.1chでAVアンプを通してはDolby プラスでプライムビデオを楽しんでいます。

Dolby プラスでは最大7個のスピーカーが必要ですが誤魔化して5個のSPにて対応させています。

これだけでも十分にシネマ気分ですが、Dolby Atmosではこれに天井からの音が加わります。

詳しくはドルビーのHPを参考にしてください。

通常多くの方には要らない機能かも知れませんが、機材さえ揃えれば迫力のあるいい音で映画館気分に浸れるというのは良いものです。

アマゾンのプライムビデオは最新の映画は少ないのでそこが最大の不満ですがいずれは改善されると思っています。

でもレンタルビデオ屋に行かなくとも500円程度で準新作レベルの映画が手軽に見られるのは有り難いですね。

安いFireTV Stickは音声検索が出来ないので使っていてストレスが溜まってしかたなかったので昨年FireTV に買い替えたのですが、今回のFireTV も予約を入れました。

もし貴方がFireTV Stickしか持っていなかったら絶対に買いだと思いますよ。

プライム会員でFireTVを持っていない方はもったいない!

まだプライム会員でない方はもっともったいない。(^^)

スポンサーリンク