寝正月はB級映画で過ごす 佐々木心音

ハリウッド映画に飽きたら日本のB級映画を

AMAZONプライムに加入してから映画をよく見ている。

元々映画好きだけど、一時期まったく映画を見ない時期が数年間あった。

理由は、ハリウッド映画がつまらなくなったから。

どの映画を見ても、話のパターンが同じ、火薬の量とCGだけで成り立っているような映画ばかり。

超大作と言われる映画でもまったく同じで、以外なストーリ性や心理描写など皆無に等しい。

 

レンタル屋さんにDVD借りにいくことも数年していない。

プライムビデオ見放題になってから、また映画を見ることが多くなってきて正月は集中して映画漬になっていた。

AMAZONプライムビデオは話題作や最新作は他のオンデマンドサービスに比較して見劣りするけど、旧い良作やB級映画は結構沢山あります。

こういう映画はお金を払って借りるのは勇気がいりますが、見放題なら気軽に鑑賞することが出来ますね。

amazonプライム会員の特典に関してはアマゾン公式サイトで

見て良かったと思った映画が全て同じ女優さんだった事

sasaki
出典:http://yamarena.tumblr.com

最初に見たのが「スキマスキ」

という映画でして、覗き趣味のある男女がお互いに惹かれ合うという単純なラブストーリー。

この中で佐々木心音さんは何事にもケラケラと笑って、男の失敗やダメな部分を吹き飛ばしてくれる女子大生の役を演じています。

見終わった後がホッコリとする佳作だと思います。

次に見たのが「フィギュアなあなた」

あまり好きな部類の映画ではなく最初の30分で見るのを止めようと思った作品ですが、柄本佑の狂気のような怪演ぶりと佐々木心音のフィギュア演技の凄さに最後まで見入ってしまった作品です。

以前、テレビドラマでAKB前田敦子のアンドロイドものがあったのでそんなもんかなと思って見てましたらとんでも無かったですね。

カット割りで誤魔化すのが多いと思うのですが、かなり長いワンカットでも微動だにしない人形を演じきっていました。

映画は最後近くになって、フィギュアが人間に近くなって笑う場面で初めて、「スキマスキ」の女優さんと同じ人だと分かりました。

それまではまったくわかりませんでした。

フルヌードで濃厚な濡れ場も多いので、てっきりAV女優さんだと思ってみていました。

でも劇中に流れている挿入歌(ラブミーテンダー)が気になって調べたところ、歌っているのが佐々木心音さんだとわかり、気になったので調べてみました。

シンガーソングライターが本職だったのですね。

納得、癒される良い声。

私が知らなかっただけで結構な数CMにも出演されているし、テレビドラマにも出ているようです。

アマゾンで調べたらプライムで見ることができる映画がもう一本ありました。

スポンサーリンク

「マリアの乳房」

他人の死期が分かるという売春婦の役で、非常に難しい心理描写が必要な役ですが見ているとどんどん引き込まれていき、

彼女の演技力が半端ないぐらいにすごいことが分かります。

3本の映画の中ではこの映画が一番好きかもしれない。

 

名前を見て、その映画を見たいと思える女優さんに久々にめぐり逢いました。