2016年失敗した買い物 Windowsタブレット

中華タブレットONDA V891 windows8.1

物欲というのは一定の周期でやってくる。

それはカメラであったりオーディオであったり車であったり人によっていろいろ。

しっかり仕事をしてそれなりに稼いでいる時には、あまり深く考えずに衝動的に買ってしまう。

できるだけ物を持たない生活にシフトしていこうと考えて

 

2016年は何も買わずに過ごそうときめていたのだが、終わって見ると随分といろんなものを買っていた。

 

そんな買い物リストの中で最大の失敗はこの中華製のタブレット。

img_20170102_103954

昔同じような中華タブレットを買って失敗しているのに・・なんで買ったんだろうと思う。

 

多分AMAZONの口コミで”買って良かった”と書かれていたのが背中を押したのだろう。

目的は最近調子が悪いIPADminiの代わりになればと考えてだが・・・・

 

このタブレット調子が良かったのは最初の1週間だけ。

USBポートの作りが雑で、硬くてなかなか入らない。

img_20170102_104048

入っても電源を認識したり、しなかったりでバッタリーチャージが上手く行かない。

 

これは自分が悪いのだけど、老眼が進んでいる目ではWindowsタブレットはとんでもなく使いにくい。

もう少し使ってみて役に立たない場合は不良品として返品しようと思っていたが、1っヶ月を少し過ぎたところでチャージが出来なくなった。

慌てて返品しようとしたら、なんと保証期間はたったの1ヶ月。

中国製なんてこんなもの。

やっぱりipadの新品を買えば良かった。

安物買いの銭失いの典型。

中国製でもオーディオとかスマホとかは割りといいのにタブレットはまだまだ。

それともONDAというメーカーが良くなかったのかしら。

くれぐれも皆さんは手を出さないようにして下さいね。