ダイソーのリメイクシートでプチリフォームしてみた

我が家も築25年が経ち、あちこちくたびれてきている。

とくに室内では洗面所の壁紙が汚くなってきていたので、今回重い腰を上げてDIYで少し綺麗にしてみようと思った。

この壁紙を綺麗にする方法をいくつか考えてみた。

1.壁紙を新しく張り替える。

田舎なので壁紙自体見かけない。

近くのホームセンターであるのは白色だけだった。(つまらない)

古い壁紙を剥がして新しい壁紙を張っていくのだが、正直面倒臭いし、上手に出来る自信が無い。

ということで却下。

2.木の板を全面に貼る。

これだと簡単に出来るけど予算的に却下。

3.ペンキを塗る。

これもマスキングしたり結構面倒だしむらなく塗る自信も無いので却下。

4.リメークシートで誤魔化す。

壁のサイズを図ると1500円ぐらいでできることがわかった。

近くのダイソーで売っているものをとりあえず15枚買ってきた。

これで行こう!

 

新築時は白い色だった壁紙がこんな色になって、シミもいたるところに発生している。

 

pb140755

買ってきたのがこれ。

本当はセリアのリメイクシートの方が丸くして販売しているので、それが良かったのだが一番近いセリアまで一時間かかるのでダイソーで買うことにした。

pb140758

ダイソーのリメイクシートの弱点は、畳んである事だ。

この分のシワを目立たなく上手く貼れるのかわからなかった。

pb140759

右は貼った部分で、左が施工前の状態。

pb140754

とりあえず天助部分から貼っていく。

シートの裏面を少しづつ剥がしながらヘラで空気を追い出すように貼っていった。

スポンサーリンク

思ったほど折り目は目立たないし、接着力も強力だが貼ってすぐなら剥がしてやり直すことも可能だった。

pb140753

壁面が大体張り終わり、あとはコンセント周りを残すだけ。

pb140751

これで一応一面の壁は終了した。

これで約9枚のカッテングシートを使用したので経費としては972円で済んだことになる。

pb140760

どうしてもビニールシートなので日の光があたると分かってしまうが、少し離れてみるとアンテークな板を貼ったように見える。

pb140761

ここまででかかった時間は約3時間半。

慣れてくれば2時間ぐらいで出来ると思う。

調べると色々ネットでも買えることが分かった

洗面所はこれで良いとしても、リビングや玄関周りはもう少し良い材質のアイテムを使いたい。

アマゾンで調べると3Dなる壁紙が売っている。

厚みもあり質感も良さそうだ。

 

アンティーク木材だとこんな感じ

アマゾンの商品紹介は写真が汚い。
インテリア商品なのだからもう少し綺麗で、ディテールが分かるような商品写真にして欲しい。

楽天でこういうものを見つけた。
写真も綺麗だしHOW TOも詳しく説明してある。

ヒロミの八王子リフォームで使われた輸入壁紙だそうだ。
スクラップウッド ウォールペーパーと言う商品名で売られている。

このサイトは定期的にリフォーム選手権なるものを開催していて、ユーザーのリフォーム例を見ているだけで楽しい。

この輸入壁紙、値段はそれなりにするが厚みや質感がかなり良く、所有欲も得られて長い目でみたらお得かも知れない。