Sponsored Link

今回のコインチェック巨額盗難事件を見てNEM(ネム)の投資してみたくなったこんな理由

異変は1/26に送られてきたコインチェックからのメールで知りました。

別に気にも止めなかったんですね。

それが580億円ものハッキング事件に起因するものだと気づいたのは夕方でした。

 

コインチェックの嘘ばかりのウェブサイト

記者会見においてコインチェックが消費者を大きく欺ていた事実が次々を明るみになりました。

許せないのこの2点です。

ウェブサイトではセキュリティーに万全の自信を持っているような事が書いてあります。

セキュリティ認証の強化にSMS、そしてGoogle社が提供する認証アプリ(Google Authenticator / iOS, Android)による二段階認証を採用しています。

また、コールドウォレットは冗長化され複数の場所に分散されて保管されているため、万が一、災害等で一部失われたとしても問題ありません。

 

消費者のコインはネットから切り離した場所に複数に分けて保管してあると書いていますが、実際はネットに繋いだまま一括保管していました。

記者会見では、技術的に大変な事と人材とお金が足りないと説明。

これには呆れました。

他の取引所では最低限のセキュリティーとして導入している事を人とお金が無かったとは

言い訳にもなりません。

大々的にCMを打つ金があるなら、先にセキュリティーをちゃんとしろと言いたい。

順序が逆でしょ。コインチェックさん。

それにお金が無いなんて・・・そりゃ無いでしょ。

2014年から設立したらしいから当然ビットコインはある程度は会社や個人で保有しているはず。ここ1年の暴騰ですごい資産になっているはずです。

それに手数料収入だけでも数百億(月)は稼いでいるはずです。

昨年夏の取引金額がビットコインだけで約450億、その他のコインを合わせると1兆は下らないでしょう。

巷では4兆円とも言われています。

金が無いとは言わせないぞ

記者会見では株主の意向がどうのこうのという言い訳を何度もしていましたよね。

しかし記者会見の席に座っているあなた方二人で過半数の株を所有しているはずですよね。

会社の資産もバランスシートも全く把握していないどんぶり勘定の経営だった事が暴露されました。

もう一つの大きな嘘

二段階認証による100万円までの保証。

コインチェックは段階認証を設定してくれたらなりすましによる被害が出た時に100万円を限度に保証しますと書いています。

さも機能しているか如く書いてありますが、実際にはまだ稼働していない保証システムで

去年の夏あたりから宣伝していたようです。

つまりコインチェックは過大広告で安心感を消費者に植え付け集客していたことになります。

NEM(ネム)財団の毅然とした態度と素早き仕事ぶりに感動

NEM(ネム)財団側は最初は我々の推奨するセキュリティーシステムを導入しなかったことコインチェックに全ての責任があると突っぱねていました。

ところがコインチェックのしどろもどろの記者会見を見かねたのか、我々は全力でコインチェックを助けると会長からツィートがありNEM側が動き出しました。

その動きは実に素早いいもの。

まず盗まれたコイン全部にタグをつけるプログラムを1日~2日の間で開発する。

その間盗まれたコインの追跡をする為に、水無凛氏に作業をお願いしたとあります。

ここで登場する

水無凛氏ですが実にすごい方で、素早く盗まれたコインの入ったウォレットにモザイクと呼ばれるマーキングを付けます。

水無氏と財団ではこんな会話がなされています。

=>NEM財団「この問題に一番の適任は君だ」
=>みなりん氏「盗まれたNEMは動かし放題です。
取引所にも入金可能です。ただ、現在そのお金がどこにあるかは、
全て分かるというだけです。どこにあるかを
マーキングしているモザイクは、私以外では動かせない状況です。」

まるでよく出来たテレビドラマを見ているみたいで面白い展開が続いていきました。

現在では完全に盗まれたNEM(ネム)は封じ込めたようです。

つまり犯人は売ることが出来ない状況です。

あとは水面下でコインチェックと犯人で示談交渉が行われるでしょうね。

盗まれた分を幾らで買い戻すのかは分かりませんがひとまずの解決の一歩になったようです。

みなりんさんの行動については以下のブログが詳しいです。

【1日目】Coincheckハッキング事件裏で犯人を追跡するみなりんさんのテレグラム中継まとめ1

コインチェックの評価できる点もある

1/27の夜に盗まれたNEMの保証に関してのアナウンスがありました。

総額       : 5億2300万XEM
保有者数   : 約26万人
補償方法   : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法   : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

盗まれた580億に対して460億円の日本円での返金を行うという驚愕の内容でした。

自分はコインチェックは絶対に破綻は無いとは思っていましたが、この補償額にはぶっ飛びましたね。

やっぱ金持ってたんだね。

問題発覚した直後は、はれのひやテルミクラブなどと同じよう捉えていた発言が多かったように思いますが、記者会見を開いたのが素早かった事と、自社のツイッターなども閉鎖せずに情報を発信し続けていた事が前の2社の違いでしょうか。

贔屓目で見ると会社経営や人のお金を預かる事の重みが分かっていなかった子供のような会社だったということでしょうか。

学生サークルのような集まりに思えます。

この誠実な補償でコインチェックに客が戻ってくるかどうかは分かりませんが、この事で大きく成長していくことを祈ります。

 

スーパーなどで野菜を買う時に農家の顔写真や栽培方法などが書いてあると安心感が生まれますよね。

それと一緒で今回の騒動でNEMがどんな人達で作られたのか、どんな利点な将来性があるのかが朧げながら分かったような気がします。

仮想通貨はよく分かりませんが、実際に関わっている人達の顔がわかるのは大事で安心感が生まれました。

それにしてもミナリンさんはかっこいいですね。

今後は少額づつでもNEMを購入していきたいと思っています。

 

スポンサーリンク