60歳過ぎの男に仕事はあるのか 求人情報の年齢不問は絵に描いた餅なのか 実際に電話して検証してみた

政府は労働人口の減少からくる労働力不足の解消のために、口当たりの良いスローガンを掲げていますね。

例えば”一億総活躍社会”なんて耳障りが良いんでしょうか。

 ⼀億総活躍社会とは、. ⼥性も男性も、お年寄りも若者も、⼀度失敗を経験した⽅も、障害や難病のある⽅も、. 家庭で、職場で、地域で、あらゆる場で、誰もが活躍できる、いわば全員参加型の社会である。

この耳あたりの良いフレーズは勘ぐると”お前ら今後年金を当てにせず死ぬまで働けや!”

僕にはそういう意味合いにも聞こえます。

日本は新卒というブランドが無くなってしまうと、自分の存在そのものが否定されるような扱いを受ける働きにくい国だと思っています。

転職によってキャリアアップ出来る人は一握の砂から一粒ぐらいの確率でしか存在しないのではないでしょうか。

雇用対策法が改正され、平成19年10月から、事業主は労働者の募集及び採用について、年齢に関わりなく均等な機会を与えなければならないこととされ、年齢制限の禁止が義務化されました。

求人票は年齢不問としながらも、年齢を理由に応募を断ったり、書類選考や面接で年齢を理由に採否を決定する行為は法の規定に反します。

僕の年齢は現在64歳ですが、このアルバイト探しのは60歳になった頃でした。 その時はまだまだ働けるとは思っていますが果たして採用されるのでしょうか。

できたら自分のスキルを活かせる仕事がベターですが、体力を維持する意味でも体を動かし仕事がしたいと思っていましたが・・・

 

スポンサーリンク

この地域の求人職種について

ここ伊勢志摩は観光業で成り立っている地域ですので、おのずと接客に絡む仕事が多く募集されています。

自分の年齢を考えると裏方の職種で選んでいきまました。

週に4日程度、一日5時間ぐらいの仕事で検索すると

ホテルの風呂掃除や客の送迎

布団の上げ下ろし

厨房での補助

これぐらいしかありません。

応募条件はもちろん

年齢不問

定年無し

これで選びます。

結論から書きましょう。

雇ってくれるところはありませんでした。

面接までもいきません。

メールか電話で断られました。

採用専門の部署が無い零細な事業所などははっきり年齢的に厳しいと言われましたが、本社が大阪や名古屋にあるような大きな企業ではマニュアルがあるのでしょうね。

あからさまに年齢については触れないように断りを入れてきました。

お忙しいところ申し訳ありません実は求人情報を見て電話しているのですが・・
はい お名前と年齢、住所などを教えていただけますか
住所は〇〇で年齢は60歳です
え・・・60歳なんですね
年齢不問と書いてあったのでお電話しました。
え・・・ちょっとお持ちくださいね。・・・・・確認をとってみます。

お待たせして申し訳ありません。確認したところ求人の枠が埋まってしまったみたいです。せっかりお電話頂いたのですが今回は・・・・申し訳ありません

細かいやり取りの違いは企業によってありますが、概ねこんな感じで断られました。

都会では様々な職種があるので田舎でのアルバイト探しとは比較にならないとは思いますが、日本の多くを占める5万人程度の市ではどこも同じなんでしょうね。

電話でお話した感触では、女性だと60歳過ぎていても需要はあるようですが男性では難しいようです。

田舎は高齢者が働く仕事は無いのかというとそうではありません。

小さな仕事や、体を酷使しなくても良い仕事は沢山あります。

でもそいう仕事はハローワークや新聞の求人情報には載らないんですね。

友達や親戚、縁故などで決まってしまいます。

土地に縁を持たない自分には仕事は無いようです。