ドメイン取得からウェブサイト開設までの覚書part1 お名前で取得したドメインをさくらで使う

<スポンサーリンク>

自身のブログを立ち上げる場合は、無料ブログを利用するのか、自身でドメインを取得してブログ発信を始めるのか2通りあると思います。

無料ブログは広告表示などの制約がありますが、とりあえず始めるのは簡単ですね。

やるからには少しはブログから収入を得たいもの。

ブログから収益を上げる方法はアフリエイトとグーグルアドセンスの広告を導入するのが一般的な方法。

しかしながらどちらも月に数千円のお小遣いを稼ぐにはかなりの苦労を要します。

これまでの経験からアフィリエイトを始めてから、初収入が発生するまでにかかる時間(期間)は速いもので3ヶ月、普通は6ヶ月後ぐらいに発生するパターンが多いような気がしますが、一年経っても発生どころかアクセスさえも稼げないサイトも多くあります・・というか稼げないサイトのほうが圧倒的に多いです。

こんな感じですからアフィリエイトサイトを作る場合は複数作成して、そのうち当たりがでたものに集中するようにしています。

 

もちろんドメインをその都度取得します。

ドメインだけとって気分が乗らずにほったらかしにしているものもありますし・・

ドメイン取得とその維持費がバカにならないので少しでも節約したいと考えています。

ドメインはお名前.comで取得して、さくらインターネットのマルチドメインで運用するのが一番お金がかかりません。

自分の覚書として残したいと思いますので、画面キャプチャとかは面倒なのであまり乗せませんが、参考にはなるかと思います。

ドメインの種別はどれを選べば良いのか

初めて自分のドメインを持つという方はどれを選んで良いのか迷うと思います。

一般的には.com, .net , .info .xyzなどがあります。

ここでgoogle様はどのドメインを好むのかという疑問を持つかと思います。

上にあげている4つのドメイン全て試してみたところ、検索にかかる速さにはどれも変わりがありません。

.comや .netがSEOの面からも有利だという考えがありましたが、全くそんなことは無いですね。

.xyzでも十分です。xyzだと30円で取得できますが、更新時は.COMより200~300円よけいにかかります。

お名前.comでドメイン取得する場合の注意事項

申し込み時に必ず

” Whois情報公開代行(新規登録と同時なら無料)”ここにチェックを入れる

もしこれを忘れると個人情報が全てネットに流れてしまいます。

もし入れ忘れて申し込みしてしまったら、そのドメインは勿体無いけど捨ててしまいましょう。

あとから代行を申し込みと手数料が発生します。

それも更新時にもかかりますから毎年代行手数料を払うハメになるので注意が必要です。

申し込み時にチェックを入れておけば更新時にも代行手数料は無料のまま継続できます。

ドメイン取得からサーバー設定までの覚書

お名前.COMでドメインを取得して、そしてさくらインターネットでサーバーでドメインの運用をする為に設定をします。

さくらインターネット側の設定

さくらインターネットのサーバーコントロールにログイン

1.ドメイン設定から新しいドメインの追加

2.5.他社で取得したドメインを移管せずに使うからドメインの追加へ進む。

3.ドメイン名を記入して送信します。

ドメイン名入力の際は、「http://」や「www.」をつけずに入力します。

ドメイン追加完了の表示が出て”詳細設定へ進む”という項目には絶対に進まない(クリックしない事)

ここで詳細設定へ進み、フォルダ設定などを先にしてしまうとWordPressを導入してドメイン直下に見せかけるのに苦労します。

このページでさくらのネームサーバー名が表示されているのでそれをメモしておきます。

通常は

ns1.dns.ne.jp

ns2.dns.ne.jp

この2つです。

お名前.COM側の設定

ドメインNAVIからログイン。

ドメイン設定からネームサーバーの設定に入ります。

ここで「プライマリネームサーバー」にns1.dns.ne.jp.と「セカンダリネームサーバー」ns2.dns.ne.jp.を記入して送信します。

お名前側はこれだけで終了。

このサーバー通知が機能するまで早くて数時間、通常で一日掛かります。

ブラウザーのアドレスバーにURLを入力してIndex of /と表示されればOKです。

スポンサーリンク